中央新書から出ている「応仁の乱」呉座勇一著を何度か読みました。
この本は幸福寺の住職の日記を中心に新たにまとめてあって、
非常にわかりやすく資料が豊富で人気の本です。

がしかし、私にとってはあまり興味深い内容ではありませんでした。

そういった意味では、今回の総選挙をどなたかが、応仁の乱になぞらえてましたが、 
本当に何が何だかわからない選挙だったように感じています。

ちなみに、この中に「甲斐敏光」という斯波氏の家来の武将が出てきて、
私は軽く興奮😲
昔から武将の名前みたいと言われていましたが、
本当に漢字が違いますが同姓同名の武将がいたとは驚きました‼️