IMG_1721

環境都市常任委員会にて、企業立地推進課より報告我孫子市産業拠点検討調査報告の説明会がありました。


以下
まずは大きなポイントとして、
民間を利用して開発するといった事があります。

想定エリア

<工業系>土地取得費は含まず
布施地区 2.4ha 狭あい道路しかなくアクセス難 18億程の造成費用 埋蔵文化財調査の費用2億2千万円も
柴崎地区 3.2ha うち産業用1.9ha アクセスが鋭角で難 15億円程度 窪地なので調整池に盛土
日秀地区 1.8ha 埋蔵文化財調査費用2億5千万円程度も 17億円程度の造成費用

<商業系>
下ケ戸地区 9.3ha 軟地盤なので地盤改良含める26億円程度

34社にアンケート送付し21社回答

布施 2/10が可能性
柴崎 3/10が可能性
日秀 3/10が可能性
下ケ戸 13/19が可能性
と答えているそうです。

他にもありますが、詳細については割愛させて頂きます。


私は、民間資本を導入して工業系土地利用をすると考えるなら、
すぐにでも全国の企業に営業をしなければならないと考えています。

民間が開発をするのが本来の形であり、
今回はどのような問題があり、どれくらい費用がかかるのかを探った調査であり、
それはそれなりに意味があるものだと考えます。

ただ、道は険しくストレートにいくものではありませんので、
行政も知恵を絞って汗を流しながら、積極的に企業に営業に行き、
我孫子市がこれだけのことが出来るという事をアピールして商談をまとめて欲しいと切に願っています。