ふれあい塾あびこさんの企画で
我孫子のアビスタで行われた
「黒澤明監督と撮影現場」の講演に行ってきました。

講師は元東映の松尾タミオさん。

私の大好きな黒澤明監督の「用心棒」の裏話を
聴けて軽く興奮気味です。

黒澤明監督はエキストラにも頭を下げてお礼を言うほど
強く優しく、
けして「バカ」などと言う人格比定する言葉は言わない。
その代わり「デコスケ!」と現場で
大声で叫ぶそうです󾌰

気が付いたら黒澤明監督30作品中、
26作品を観ていました。

また違った視点で「用心棒」を観る事ができそうです。

いい映画が我孫子で撮れるように
フィルムコミッション頑張ります!