我孫子市議会議員甲斐俊光の「生き甲斐やり甲斐」日記

我孫子市議会議員 甲斐俊光の毎日更新、旧活動ブログ!申し訳ありません。ブログはso-netに戻りました! https://kai-toshimitsu.blog.so-net.ne.jp/
こちらの記事は全てso-netにエクスポートしていますので、そちらでご覧ください!お手数お掛けしますがどうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m 甲斐俊光公式WEBサイトはこちら   こちらもどうぞ宜しくお願いします(^^)/

カテゴリ: 教育

IMG_1671
先日、テレビを何となく見ていましたら、
元関取の「把瑠都」が出ていまして、今はエストニアに住んでいるということで、
エストニアの為に国会議員になるんだと言って、
この本、木下斉さんの「地方創生大全」を机の上に置いて勉強していました。
(もちろん「稼ぐ町が地方を変える」も読了済です)

おー、私と同じ本を読んでいると少し感動。

この本は辛口な地方活性請負人と言われる木下さんですが、
自らの体験からの指摘は、色々と納得させられる事があります。

例えば、
・地元の「特産品」はまずは営業をしよう
・まず始めてトライアンドエラーで軌道修正を繰り返そう
・何でもかんでも行政が支援していると「支援もないのに頑張れない」という依存心がますますでき、普通に事業が始められなくなる
・都市部での出生率低下の原因に努め、出生率改善に努めるのが本筋
・「新たに稼ぐこと」と「経費を削ること」に徹底的にこだわろう
・地域の行政も民間もコンサルなどに頼らず、自分の頭で考え実行することが、地方活性化の基本

などなど、一度読んだだけではもったいないような
私が常日頃から疑問に思っていたようなことが書いており、
いちいち納得してしまいます

私は、議員という立場ですが、行政に頼らずに、まずは民間、自らが知恵を出し、
利益を出すような方策を考えるべきだという考えを持っています。

なかなか理解されないことも多いですが、
本気で皆さんが取り組めば、もっともっといい街になると思います。
それには、失敗を恐れないトライアンドエラーの精神が必要だと思っています。

よし、このゴールデンウィーク、何か小さくてもこの街で利益が出るようなことを
考えてみようと思った把瑠都の映像でした


    Clip to Evernote

高校の学習指導要領の改訂が9年ぶりに行われ、
歴史総合と公共が新設されることになりました。

歴史総合は世界史と日本史人を統合した必修科目となると言う事ですが、
これまで高校で日本史、世界史と先生が分かれていましたが、
それが統合されるとなると指導者側に大きな負担となることも予想されます。
また、指導力に差が出ることもあると考えられます。
近現代史を勉強すると言う事は非常に重要ですが、
対立点も多く試験や受験でどう問われるかも問題になりそうです。

公共は18歳に選挙権が拡大され、
実際の政治問題や模擬裁判などにとりくむそうですが、
どこまで学校側が独自に取り組むかは疑問の残るところだと思います。

今回の学習指導要領の改定は、
「主体的・対話的で深い学び」の実現を目指すためだということですが、
それが一過性のものにならずに
世界で戦える子どもの要請に応え、
学力向上に結び付く事を望みます!

    Clip to Evernote

image

今日は終業式。

私が見守っていた通学路で
誰も事故に遭わなかった事に感謝。

一年生も一学期を過ごして逞しくなりました!

また、充実した夏休みを超えて、
元気な姿を見せてくれる事を楽しみにしています

    Clip to Evernote

image

今学期から私が担当する交差点では、
私一人になったので責任が重くなりましたが、
その分、やり甲斐も出てきました。

先週の入学式を終えた新1年生達が、
お母さん方に見送られ登校して行きましたが、
何人か登校がまだまだ不安な子どもたちがいたように感じました。

私の前を登校するときには、
笑顔で挨拶できるように、
指導していきたいです!

学校にまけるな--
フレフレ、1年
    Clip to Evernote

image

今日、我孫子市内の小中学校は、
始業式があり、授業が始まります。

初日の登校見守りは、あいにくの雨でしたが、
春休み楽しかった!」の挨拶とともに、
元気よく登校して行きました。

私が遠い記憶を手繰り寄せて、始業式の時を思い出してみると、
クラス替えのワクワク感と、
学校が始まる憂鬱もあった気がします。

今週末には、
新一年生が入学してきます!

また、どんな笑顔を見せてくれるか楽しみです
    Clip to Evernote

image

柏地区保護司会にて研修会がありました。

今回のテーマは「刑の一部執行猶予制度について」。
刑事訴訟法で学んだことを思い出しながら、
その目的、内容について講義を受けました。

内容としては、初入者と薬物使用者が対象で
実刑の一部分を執行猶予とする事ができるというものです。

特に問題となるのは薬物使用者のようで、
薬物処遇プログラムの受講を軸に、
医療、福祉機関との連携が定められました。

猿による実験で
あらゆる物に対する依存症にさせたものがあります。
ボタンを押すとそのモノが出てくる装置で、
ニコチンは400回押すと諦めるのですが、
覚醒剤は1600回、
コカイン、ヘロインになると18000回も押してしまうとの事です

今回の改正は
薬物依存者を薬物の誘惑のある社会内で、
再犯防止を図る目的があるということです。

保護司の役割がますます重要になるという事を
改めて感じました。
引続き、気を引き締めて対処していきます
    Clip to Evernote

image

我孫子市内で中学生が各働き場に
職場体験に出ています。

先日はコンビニで職場体験している中学生に会い、
今日は保育園にて、体験に来ていた中学生とすれ違いました。

職業へのイメージを中学生から高めて、
自分の向き、不向きを認識して
しっかりとした仕事への夢を持って欲しいと思います。

私の頃は職業体験はなくて、
私は大学自体にした10以上のアルバイトが、
貴重な人生経験として、今の議員の仕事にも役立っています。

どんな仕事でもいいので、
まずは体験してみることだと思っています
    Clip to Evernote

このページのトップヘ